キャンプ用品

スノーピークたねほおずき|使い方を知ればキャンプの夜は雰囲気抜群

スーピーク たねほおずき
困ったくん
困ったくん
・たねほおずきのルーメンや明るさは?

・たねほおずきは充電できるの?

・たねほおずきのゆらぎモードのやり方を教えて

 

実は、この記事で紹介する『たねほおずき』を使うと、誰でもリラックスした安らぎの時間を過ごすことができます。

 

なぜなら、僕も実際に購入して、やさしい明かりで癒しの空間を演出しているからです。

 

この記事では、『たねほおずき』の魅力や特徴、使い方を紹介します。

 

記事を読み終えると、『たねほおずき』でいつもと違うワンランク上の夜を過ごすことができます。

 

あーキャンプいきたい!

 

『たねほおずき』の特徴

『たねほおずき』は、丸い形をした手のひらサイズの小さなLEDランタンです。

 

ゆらぎモードや光量調整、ループとマグネットでヒモに通して吊るしたり、磁石が付く鉄製品に取り付けることができます。

 

見た目は小さくても多くの便利機能を装備しています。

 

『たねほおずき』の使い方は自由自在。

 

家でもキャンプでも幅広い用途で活躍する人気のLEDランタンです。

 

電池の向きに注意

『たねほおずき』が点灯しないことがあります。

 

なぜなら、電池の向きを間違えていることがあるからです。

 

『たねほおずき』が点灯しない時は、電池の向きを確認してみましょう。

 

スノーピーク たねほおずき

 

↑上の画像のように電池ボックスを置いて、下記の順番にセットするのが正しい電池の向きです。

 

左側右側
①上 
③中
②下

 

充電池パックのオプションなし

スノーピーク たねほおずき

 

充電池パックは、オプションで用意されていません。

 

『たねほおずき』の電源は、乾電池です。

 

単4の乾電池3本で点灯します。

 

乾電池のメリットは、コンビニや薬局などで手軽に購入できることです。

 

たねほおずきの連続点灯時間

『たねほおずき』の連続点灯時間は、長寿命。

 

なぜなら、照度が「Hi」で60時間、「Low」で100時間だからです。

 

乾電池の代わりに、繰り返し使える充電式の電池「エネループ」を使えば経済的で便利です。

 

また、ゴミが出ないのも良い点です。

 

 

たねほおずきの種類

『たねほおずき』の定番カラーは3種類です。

 

  • ゆき
  • つち
  • もり

 

実際に、どの色も自然に馴染むナチュラルカラーです。

 

おすすめは、ホワイトカラーのゆき。

 

どんな色とも相性が良い白は、家具やキャンプ道具を選びません。

 

たねほおずきの明るさ

スノーピーク たねほおずき出典:スノーピーク公式サイト

 

『たねほおずき』は、サブランタンに最適。

 

『たねほおずき』の明るさは、60lmだからです。

 

実際に、小型テント内の照明や手元を照らしたり、夜の散歩やトイレに行く時の持ち歩き用ランタンとしては十分な明るさ。

 

作業用ライトとして使うにも、目が疲れないちょうど良い明るさです。

 

ソリッドステイクをスタンドにして

スノーピーク たねほおずき

 

『たねほおずき』は、金属製品に簡単にくっつきます。

 

なぜなら、ループの先端にマグネットが備え付けられているからです。

 

ランタンスタンドやカーテンレールなどに直接吊り下げることができます。

 

たとえば、スノーピークのペグにくっつければ、ペグがランタンスタンド代わりに使えます。

 

スノーピークのIGTアイアングリルフレームに差し込んで使えば、テーブルランタンとしてピッタリです。

 

スノーピーク たねほおずき

 

たねほおずきの赤いランプ

スノーピーク たねほおずき

 

電池の交換のタイミングが一目でわかります。

 

お知らせ機能が備わっているからです。

 

電池の残量が少なくなると光量が落ち、赤ランプが点滅し始めます。

 

本体上部に位置するため、パッと気付きやすいのが嬉しいポイントです。

 

点灯はレンズ長押し

スーピーク たねほおずき

 

誤作動で点灯することがありません。

 

なぜなら、レンズが電源スイッチになっていて、レンズを長押しして点灯させるからです。

 

電源スイッチを長押して、ピカッと点灯した瞬間に指を離します。

 

コツが必要ですが、すぐに慣れます。

 

持ち運びの時も他のキャンプ道具とぶつかって、誤って点灯することがありません。

 

いざ使おうとした時に電池切れで使えなかった、なんていうことを防いでくれます。

 

シリコン製のシェード

スーピーク たねほおずき出典:スノーピーク公式サイト

 

シェードは、本体のレンズ部分への衝撃を緩和してくれます。

 

なぜなら、シリコン製のシェードは柔らか素材だからです。

 

実際に、うっかり落としてしまっても、シリコン製のシェードが本体レンズを守ってくれます。

 

それだけではなく、曇りがかったシリコン製のシェードは、光を和らげてくれる効果もあります。

 

くつろぎの時間にうっとりする温もりのある光を放ちます。

 

たねほおずきの付け方

スーピーク たねほおずき

 

『たねほおずき』の魅力は、使い勝手の良さにあります。

 

なぜなら、ループとマグネットキャッチで使い方が自由自在だからです。

 

実際に、ループをヒモを通して吊り下げたり、マグネットキャッチで挟んで固定したりと設置場所を選びません。

 

マグネットキャッチを使って首元の洋服に挟めば、ヘッドライト代わりとしても使えます。

 

ハンズフリーで効率よく作業ができます。

 

たねほおずきの点灯モード

『たねほおずき』には、3つの点灯モードがあります。

 

無段階調光

点灯後、電源スイッチを長押しして、好みの明るさで離す。

 

段階調光

点灯後、電源スイッチを1回押すと照度がLowになります。

 

Lowの状態から、電源スイッチを1回押すとピカピカ光るストロボ点灯です。

 

ゆらぎ

点灯後、電源スイッチを2回押すとゆらぎHi。

 

ゆらぎHiから電源スイッチを1回押すとゆらぎLowです。

 

コンパクトに収納

スーピーク たねほおずき

 

持ち運びに場所を取りません。

 

なぜなら、手のひらにスッポリと収まるコンパクトサイズ、ループとマグネットで場所を選ばず固定できるからです。

 

積み重ねができないランタンは、積載スペースを無駄にします。

 

たとえば、車内頭上にあるグリップに巻き付けておけば、貴重な積載スペースを使わず、車内灯としても使えて一石二鳥です。

 

USB充電機能はなし

『たねほおずき』は、USB充電ができません。

 

USB充電するための差し込み口がないからです。

 

電源は、乾電池のみ。

 

キャンプでは突然の電池切れに備えて、予備の乾電池を必ず用意しておきましょう。

 

衝撃が加わるとすぐに消えてしまう時の改善策

今まで問題なく使えていたのに、軽くぶつかったりするとすぐに消えてしまうという症状が出る時があります。

 

電池ボックスのマイナス端子部分と電池の間に隙間ができてしまい、点灯しなくなる場合があります。

 

使用に伴いマイナス端子が電池を抑える力が弱くなってくるからです。

 

スーピーク たねほおずき

 

3つあるマイナス端子を中央に引っ張り出すことで、マイナス端子と電池の接触が改善されます。

 

注意点として、マイナス端子を曲げる際にいきなり強い力を加えると破損の危険があります。

 

少しずつ力を加えながら調整してください。

 

まとめ

たねほおずきの魅力
  • ループとマグネットでどこでも設置
  • ゆらぎモードで炎の癒しを再現
  • ヘッドライトの代わりとしても使える
  • キャンプはもちろん家でも活躍
  • 軽量コンパクト
  • サブランタンに最適
  • シンプルでおしゃれ
  • 柔らかな暖色系の明かり

 

ループやマグネットを使いこなせば、いろいろな使い方が楽しめます。

 

家でもキャンプでも、ゆっくりと過ごしたい夜に『たねほおずき』のやさしい明かりで癒しの時間を過ごしてみませんか?

 

ではでは、よいキャンプ生活を~

おしまいっ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です